「Kyash」の意外なデメリット!リアルカードが届く前にバーチャルカードを使った場合の注意点

ライフスタイル

完全キャッシュレス生活に憧れて、最近になってようやく「Kyash」を使い始めました。

「Kyash」とは、ザックリ言うとネットショッピングや実店舗でのお買い物が2%還元されるお得なカードです。

追記:2019年10月より還元の仕様が変更となります!
今後もバーチャルカードのみ使用する場合はリアルカードに比べて損をしてしまうので注意が必要です。

色んな記事でメリット・デメリットが紹介されていて、私もそれを参考に「Kyash」を申し込みました。

しかし、実際に使ってみてから(単に読み飛ばしただけかもしれませんが)他の記事にはない意外なデメリットに気づいたので、ご紹介します。

リアルカードが届く前に、早速バーチャルカードでネットショッピングを楽しもう!

とお考えの方は、ぜひご覧ください。

Kyashのリアルカードが届く前の注意点は2つ!

最初に結論を申し上げると、リアルカードが届く前に注意したいのは以下の2つです。

  • バーチャルカードで決済登録したサービスをメモしておく
  • リアルカードが届く前に使う予定がないものにはむやみに登録しない

あーはいはい、と合点のいった方はここまでで大丈夫です。
良いKyashライフをお送りください!

これだけ読んで理由がよく分からなかった方は、私の経験も踏まえて説明しますのでもう少しお付き合いくださいね。

Kyashの概要

(この記事にたどり着いた方はもうある程度の事はご存知だと思いますが、念の為…)

まず、Kyashには「バーチャルカード」と「リアルカード」があります。

  • バーチャルカード:申し込んですぐに使える。実物がないので、リアルカードを申し込まない場合はネットショッピングのみ。
  • リアルカード:ネットだけでなく、実店舗でもクレジットカードと同じように使える。

※Kyashは厳密に言うとクレジットカードではなくプリペイドカードです。

そのため、クレジットカードと全く同じようには使えません。

利用可能なお店(実店舗)
日本全国のVisa加盟店でのお買い物にご利用頂けます。
*ただし下記お支払いにはご利用いただけません*


毎月の継続的なお支払いや、自動更新手続き(契約)が発生する加盟店
一部の月額・継続契約の利用料金のお支払い
ガソリンスタンドでのお支払い
高速道路通行料金でのお支払い
航空会社、航空券予約、購入
ホテル(ホテル内の店舗)でのお支払い
レンタカーのご利用料金のお支払い
各種プリペイド・電子マネーの購入・チャージ代金のお支払い
nanacoクレジットチャージ/楽天Edy/Vプリカ などへのチャージ
公共料金/電話料金/衛星放送・CATV視聴料/インターネットプロバイダー利用料/WiMAXサービス利用/新聞購読料(電子版含む)/保険料/レンタルサーバ/ウオーターサーバ定額サービス/通信教育/各種月会費など

商品の一部が含まれる場合にもご利用頂けない場合がございます。

その他
4桁の暗証番号入力が必要な加盟店(自動券売機、病院の自動精算機など)
ICチップの読み取りが必要な加盟店
ご利用先の利用環境や弊社の定めによりご利用いただけない場合がございます。
オフライン加盟店
(高速道路や機内販売以外にも地方のスーパーなどでもご利用できない場合がございます)
リアルカードは海外の実店舗では使えません
   ※海外オンラインサイトでのご利用は可能です。

Kyash HELP より引用

利用可能なお店(オンライン)
世界中のVisa加盟店のオンラインでのお買い物にご利用頂けます。
*ただし下記お支払いにはご利用いただけません*


・一部の月額・継続契約の利用料金のお支払い
毎月の継続的なお支払いや、自動更新手続き(契約)が発生する加盟店などでご利用いただけません。
公共料金/電話料金/衛星放送・CATV視聴料/インターネットプロバイダー利用料/WiMAXサービス利用料/新聞購読料(電子版含む)/保険料/レンタルサーバ/ウオーターサーバ定額サービス/通信教育/各種月会費など
商品の一部が含まれる場合にもご利用いただけない場合がございます。


・航空会社のお支払い
・一部宿泊施設(ホテルなど)のお支払い
・各種プリペイド・電子マネーの購入・チャージ代金のお支払い
nanacoクレジットチャージ/楽天Edy/Vプリカ など
・3Dセキュア導入のサイトでのお支払い
・その他
ご利用先の利用環境や弊社の定めによりご利用いただけない場合がございます。

Kyash HELP より引用

2%還元が受けられないケースについてはこちらをご参照ください。

使えない場面があるとは言え、やっぱりリアルカードも持っておきたいですよね。

しかし、リアルカードが届くまでにはちょっと時間がかかります。

リアルカードを使う予定があれば、バーチャルカードと同時に申し込んでおくといいでしょう。

私の場合はリアルカードが届くまでちょうど2週間かかりました。

とはいえ

せっかくのお得なKyash、リアルカードが届くまでの約2週間を今までと同じカードで決済していたらもったいないですよね。

私もリアルカードが届く前に色んな支払いにバーチャルカードを登録しました。

しかし、ここで一つ気をつけたいことがあるんです!

Kyashの意外なデメリット:リアルカードとバーチャルカードは番号が違う!

実は、後から届くリアルカードは最初から使えるバーチャルカードとはカード番号が違うのです。

リアルカードが届いたら、使う前にアプリで「有効化」の手続きをする必要があるのですが、この時にバーチャルカードの番号は使えなくなってしまいます。

つまり

リアルカードを有効化したら、バーチャルカードで登録した支払い情報をリアルカードの番号に変更してあげないといけないんです。

私はこれを知らなかったので、かなり苦労しました…

というのも

今までメインのクレジットカードで決済していたものを軒並みバーチャルカードに変更した後だったのに加えて、Kyashと組み合わせて使うつもりで新たに登録した「Origami Pay」などのQRコード決済サービスにも複数登録してしまっていたので、それをひとつひとつ再度登録し直さなければいけなかったのです。

中には登録しただけでまだ使っていなかったサービスも結構あったので、二度手間に感じて余計疲れました…

まとめ

というわけで、私の反省を踏まえて

これからKyashを申し込む、あるいはリアルカードが届くのを待っているあなたには

  • スムーズに変更できるように、バーチャルカードで決済登録したサービスをメモしておく
  • リアルカードが届く前に使う予定がないものにはむやみに登録しない

この2点に気をつけて欲しいと思います。

せっかくのお得なカード、少しでもストレスなく使い始めてくださいね!

この記事が少しでもお役に立ったなら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました