MNP開通が出来ない!一から調べて分かった意外すぎる理由

ライフスタイル

月々の固定費削減の一環として、先日十数年お世話になったauから、格安SIMの楽天モバイルに乗り換えました。

大手キャリアから格安SIMに乗り換える際の手順や注意点は色んな方が紹介してくださっていて、私もそれらを参考にしながら進めました。

しかし今回、意外すぎる

(というか果たして私と同じ境遇になる方が一人でもいるのかというレベルの)珍しい事象のせいで、MNP開通までにかなりの時間がかかってしまいました…

そこで

  • やるべきことはちゃんとやったはずなのに、いつまでもMNP開通出来ない!
  • 公式サイト等を見ても原因がさっぱりわからない!打つ手なし!

という方のために、私が経験したレアケースをご紹介します。

MNP開通出来ない主な原因

まずはチェック漏れがないか、基本的なところをおさらいしましょう。

大前提!SIMロック解除した?

意外なことに、結構忘れる人いるみたいなんですよね。

SIMロックは解除しただけでは何も変わらず大手キャリアの契約のまま使い続けることが出来るので、将来格安SIMに乗り換えるつもりなら思い立ったその時にやっちゃいましょう!

auの場合は、「My au」から簡単に手続きすることが出来ます。

とりあえずSIM挿し直し、再起動

「キャリアの電話やメールは使えなくなったけど、SIM差し替えてもモバイルネットワーク通信が出来ない!」

という場合は、単にSIMカードがちゃんと挿せてないだけの可能性大です。

キャリアのサービスが使えなくなった
=格安SIMに乗り換えが完了した

はずなので、まずは電源をOFFにしてSIMカードを抜き挿ししてみましょう。

正しく挿入されていないと「SIMカードを挿入してください」といった通知が来ると思います。

万が一、SIMカードを破損したり台紙から外す際のサイズを間違えてしまうと有料で再発行となります!
(楽天モバイルの場合:税込3,240円)

一番小さいnanoSIMサイズでない場合は、特に注意して作業してください。

MNP予約番号の期限は大丈夫?

これに関してはおそらく申込みの時点でハネられると思いますが、念のため。

今使っている番号をそのまま使い続けるためのMNP手続きですが、その際に必要な「MNP予約番号」には15日間の有効期限があります。

さらに言うと

MNP予約番号自体の有効期限と、格安SIMとMNPで契約出来るまでの期限は一緒じゃないんです。

格安SIMごとの有効期限の扱いはこちらをご参照ください。

楽天モバイルの場合はMNP予約番号の期限が切れる10日以上前に申し込む必要があります。

ただし、もし期限が過ぎてしまった場合でも、無料で再発行することが出来ますのでご安心ください。

auから楽天モバイルに乗り換える場合は、その他の情報についてもこちらのブログが具体的で参考になりましたので合わせてお読みくださればと思います。

MNP開通出来ない意外すぎる原因!

ココまでで解決出来なかったあなた。

…います?いますかね?

本当はいちゃいけないと思うんですが、私が経験したケースから結論を先に申し上げると…

SIMカードを配達した運送会社に問い合わせてください!

たぶんそれで解決できるはず。

どういうことか、順を追ってご説明しますね。

MNP開通までの流れ

もう一度、MNP開通までに必要なステップを大まかな時系列順におさらいしてみます。

  1. スマホのSIMロック解除
  2. MNP予約番号を取得
  3. 格安SIMへ期限内に申し込み
  4. SIMカードが届く
  5. 自分でMNP開通手続きする場合、受付センターに連絡
  6. MNP開通完了!

「いやもう、散々調べたから分かってるよ…」

と思いますよね。

改めて調べ直して分かったことですが、この中に意外な原因が隠れていたんです。

ちゃんと「配達済み」で処理されているかチェック!

実は、MNP開通手続きは

SIMカードを配達した運送会社で「配達済み」の処理がされて初めて進められるようになっているんです。

通常であれば、当然「配達」か「持戻り」かの二択なので

自分の手元にSIMカードが届いている時点でなんの問題も起きないのですが…

私の場合はなんと

ちゃんと受け取ったのにドライバーさんの操作ミス「持戻り」したことになってしまっていたのです!

この時私は、荷物の不在通知メールが来たこと自体には気づいたものの

「なんで受け取ったのに不在メール?…まあいっか!モノはちゃんとあるし!」

と、なんの連絡もせずそのままにしてしまったのです。

もうすでにおわかりかと思いますが、このレアなケースを放置したせいで

SIMロックは解除したし、MNP開通完了センターに連絡もしたのに、いつまで経ってもMNP開通が完了しなかったというわけです。

今回配達してもらったのはお馴染みクロネコヤマト。
私はクロネコメンバーズサイトに登録していたのでメールで通知が来ましたが、会員でなくても伝票番号を控えて問い合わせれば調べてくれるはずです。

今までヤマトさんには数え切れないくらいお世話になってきましたが、当然こんなことは一度もありませんでした。

それがよりによって「配達済みにならないと困る荷物」というのがなんとも…

そしてさらに良くないことは重なる…

ドライバーさんに問い合わせ、配達したはずの荷物が「持戻り」扱いになっていることを確認してもらいました。

「スマホの乗り換えに必要な荷物で、運送会社さんの方で配達済みにならないと手続きが進められない」

という事まできちんと伝えたので、これでようやく開通できるー!と安心したのですが…

なぜか翌日になっても「持戻り」扱いのまま…

遅くても昼までには使えるようになると信じて楽天モバイルのSIMに挿し替えてしまっていたので、帰宅するまでネットが一切使えない虚無の時間を過ごしました…笑

再度問い合わせてようやく処理してもらい、ようやく楽天モバイルの民になったという次第です。


原因が分かった時はさすがに

私全然悪くないじゃん!ちゃんとしてよ!

とぷりぷりしていたのですが

ドライバーさんの電話口の対応は決して悪くなく、申し訳無さそうな声を聞いていると逆に怒っていたのが申し訳なくなってしまったり…笑

ミスって何故か重なりますよね…

おつかれさまです…

おわりに

いかがでしたか?

無事に格安SIMに乗り換えできたでしょうか。

この記事が役に立つ人がいるということは、それだけ運送会社側でミスしてる人がいることになってしまうので気持ちは複雑ですが…

運送業界の労働改革が迅速に進むことを願います。笑

この記事が少しでもお役に立てたなら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました