【書評】Google AdSense マネタイズの教科書

ブログ奮闘記

こんにちは。もこです。

私はまだ、この記事を含めてようやく11記事目の駆け出しブロガーです。

記事を書くにもネタを探すにも、全てが手探りの毎日ですが、今後のブログ運営の指標となる素敵な本に出会ったので、ご紹介します。

こんな人におすすめ
  • ブログの運営方針(特化or雑記)で悩んでいる方
  • Googleアドセンスを主な収益源にしたい
  • ブログの収益やアクセスが安定せず悩んでいる
  • トレンドを追いかけたり、記事を更新し続けるのに疲れてしまった
  • これから新しいブログ(サイト)を作ろうと思っている

うまくやればアドセンス「だけ」でも収益化出来る!

まず衝撃的だったのは、「アドセンスの収益だけで月100万を超えることは可能」という事実です。

アドセンス広告がブログを収益化する手段として大事なのは知っていましたが、一方でアフィリエイトを組み合わせないと月6桁に達するのは相当大変だと思っていました。

しかし、この本に書いてあるノウハウで期待通りの結果が得られれば、アフィリエイトに頼らなくてもいい。
むしろ定期的なメンテナンスが必要なアフィリエイトより少ない労力で長く収益が得られる

という、私にとっては目から鱗すぎることが出だしに書いてあり、一気に引き込まれました。

特化か雑記か?

この本で言うと、「特化」が正解になります。

ただ、うまくやれば雑記ブログでも2~3個にカテゴリを絞ってやれば出来なくはないのかな…とは思います。

しかし、この本で提唱されている
オーソリティサイト=○○と言えばこのサイト!」

というものを作るのは、雑記だとかなりハードルが高いです。

雑記ブログとして始めたばかりの私ですが、特化サイトのメリットを理解してちょっと後悔しました…

とはいえ、すでに愛着も湧いてきているので、まずは得意なカテゴリー記事の書き方を見極めるためにもしばらく雑記で頑張ってみようと思っています。

アクセスが安定しない…

記事を更新してすぐは、SNSなどの宣伝効果もあってアクセスがあるけど、何もしないと時間が経つにつれて読まれなくなってしまう…

とお悩みの方も多いと思います。私はまだ更新したてでもあまりPVが伸びませんが…(笑)

アクセス数を増やしたり維持するために、多くの方が検索順位を意識した対策を行っていると思います。

しかし、アドセンスを重視しているこの本では「今だけの1万PVより毎日読まれる100PVを積み重ねる」という考え方を推奨しています。

もちろん、新規ユーザー獲得のためにも検索順位は意識する必要がありますが、もっと大事なのは「リピーターになってもらう=サイトをブクマしてもらう」ことです。

これなら、万が一アルゴリズムが変わって検索順位が落ちたり、記事を更新しなくなっても、定期的に再訪してくれるユーザーが出来ることになります。

記事を更新しなくてもまた来たいと思われるようなコンテンツ作りが必要ってことですね。
…む、難しい!

いつまで更新しなきゃいけないの?

この本では、定期更新するブログ=「木を植えていたら森になった」、完結型サイト=「森を作るために木を植える」などと表現されています。

完結型サイトは、最初に完成形をイメージしておいて、そこを目指して記事を更新していくというものです。

この方法であれば、サイトが完成形になれば延々と記事を更新し続けなくてもいいですし、繰り返しになりますが
更新の度に宣伝しなくてもリピーターが繰り返し使ってくれる=Googleのアルゴリズムが変わっても収益が安定する

という大きなメリットがあります。

記事を更新しないとPVも収益も維持できない…という場合は、思いきって新たに完結型サイトで勝負に出るのがいいかもしれません。

ただ、それまであった記事をスピンアウトするのでなければまた一からのスタートになるので、テーマ選びは最重要案件です。

結論:Googleではなく読者を1番に!

難しいことやためになることがたくさん書いてあるこの本ですが、結局のところ「読者のためになるコンテンツを作る」というのが全てなんだなあと感じました。

もちろん、PVを増やすための工夫や広告の貼り方などのテクニックも必要です。収益化を考えるならSEO対策は避けて通れません。

しかし、そこに読者にとって役に立つ情報がなければ他が完璧でも意味がないんだな、と改めて思います。

どんな情報を発信していきたいのか?
どんな人の役に立ちたいのか?

1番大事な部分を改めて意識する機会になりました。

気になったところ

◎誤字がちょっと多め

助詞の使い方や、「直帰率が上がる/下がる」等、そのまま受け取ると文意に沿わない単語の使い方が少し気になりました。

ちゃんと理解しながら読んでいれば文脈で分かるんですが、何せ書いてあることが易しくはないので内容を追いかけながら脳内補正するのが大変だったところも…

◎初心者にはかなり難しい!

タイトルに「教科書」とありますが、決して初心者向きではなく、どちらかというと「参考書(応用編)」といった感じです。

ある程度サイト運営の経験がある前提で書かれている部分がほとんどで、初心者の私は途中何度も置いてけぼりを食らいました…

しかし、これから始める初心者こそ知っておきたいこともたくさん書かれています

なので、もっともーっと噛み砕いて分かりやすい表現にしてくれたら嬉しかったな!というのが正直な感想です(笑)

おわりに

いかがでしたか?

  • ブログの運営方針で悩んでいる…
  • ブログの収益やアクセスが安定しない
  • 記事を更新し続けるのに疲れてしまった

こんな悩みのある方は、ぜひ手にとって見てください。もう持ってるよって方は、もう一度読み直して見てください。

きっと、読むたびに新たな発見があるはずですよ。

Google AdSense マネタイズの教科書[完全版] [ のんくら(早川修) ]
created by Rinker

この記事が少しでもお役に立てたなら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました